環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2012.03.20(Tue)

学園小ビオトープ 水草の植栽

手がしびれるほど水が冷たく、水辺の活動には時期が早すぎるとは思いつつ・・6年生があと数日で卒業してしまうので、それまでに屋外での活動を一度はやっておきたかった。

また、この時期に水草を植栽しておけば、水がぬるんで日の光が明るくなって来ればぐんぐんと新芽を伸ばし始める。

●何もない人工池

ここにまず水草を植えるのが今回の目的。

●植木鉢に砂入れ
水草は水を通して養分(無機物)が摂取できるので、最初に入れる土はそれほど腐葉土でなくても良い。
土だと水の富栄養化につながるので、今回は砂を入れることにした。

●植栽
水草を植木鉢の中に入れていく。

●植栽した抽水植物
水に入れると植物自体の浮力で根が浮いてくるので、砂の上にバラス(砂利)をまいておく。

●池に設置
抽水植物は水没しないように、下にブロックを置きその上に植木鉢を置く。

他に、ジュンサイ、フサモ、ガガブタの殖芽を水中の砂の部分にまき、ミズユキノシタは水際の土が露出している部分に植え付ける。

また、池のそばに無造作に転がっていた丸太を大人4人で移動させ、水中に沈める。
その横に砂を投入し、水際の湿地帯を作った。
そこにはまた別の植物を植える予定。

●1回目のビオトープつくり終了

すべての水草が生育するとは思わないが、ひとまず「春」がくるのを待ってみよう。
  1. 2012/03/20(火) 20:46:15|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2012.03.12(Mon)

ホタル水路をつくる2012

三田市深田を流れる池尻川。
ニュータウン建設前はホタルが乱舞していたらしい。
ところが今、「川」とは名ばかりで、三面コンクリート張りの農業用水路として使われている。
普段は水深数センチの水が流れているだけ。

そのためゲンジボタルとヘイケボタルが上流部でチラホラと見かける程度に減少してしまっている。

そこで「武庫川上流ルネッサンス懇談会」
→ http://www.sanda-river.jp/kondankai/kondankai_top.htm 
が、ちょっとした工夫でホタルの保全を行うことを計画し、その計画を兵庫県立有馬高校理科部の生徒達が設計図を書き、それをもとに保全作業を行った。

昨年の様子→
http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-216.html

三面コンクリートのままではホタル幼虫や餌になるカワニナ(巻き貝)が水に流されてしまう。
そのため昨年は幅の狭い池尻川に張り出すように材木を設置し、そこに土砂が堆積するようにしてみたが、夏の豪雨でたまっていた土砂は一気になくなってしまった。

そこで今回は岸に沿って岩石と材木を並べてみることにした。
●設置作業中

●設置作業中

力仕事は高校生に任せて、私は昨年度設置した材木によって、秋以降に堆積した土砂のまわりを探ってみた。


採集した生物は・・
●カワニナ
ホタル幼虫の餌として十分の数が生息していた。

●ミナミヌマエビ
堆積した土砂のまわりに多数生息。

●アメリカナミウズムシ?(プラナリア)
外来種。これも石の裏側に多数生息。

●アメリカザリガニ
外来種。
ホタル幼虫を補食するかもしれない・・。

●シマヒレヨシノボリ (トウヨシノボリ 縞鰭型)
数は多くないが、流れのゆるやかになった小石の下に生息。
元々は止水性の魚で、上流にあるため池より流下してきた・・?

他にタニシ類、マツモムシ、ミズムシ(アセルス)、サカマキガイなど

ホタル幼虫そのものは見つかっていないが、材木を設置して土砂が堆積するだけでこれだけの生物が生息することができる。

  1. 2012/03/12(月) 22:44:26|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2012.03.07(Wed)

学園小ビオトープ

三田市立学園小学校でもこの冬よりビオトープつくりが始まる。

武庫小の場合は水草の植栽時期の関係もあって、ビオトープについて説明する時間もなく、いきなりコンクリート池の整備を始めた。
武庫小ビオトープ→
http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-28.html

学園小は冬にスタートしたので生き物が動き出すまでに少し時間があった。
三田市有馬富士自然学習センター学習指導員とともに黒板やプロジェクターを用いて水草の役割などを説明する。


その後、コンクリート池の断面図を班ごとに配布し、各班でビオトープの設計図を描いてもらう。
事前に説明したこともあって、抽水植物、浮葉植物、沈水植物などをうまく配置している。





次回、3月はいよいよ池に水を入れ、水草の植栽が始まる。
  1. 2012/03/07(水) 20:46:27|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2012.01.28(Sat)

学校ビオトープにカブトムシ幼虫

三田市立武庫小学校にあるビオト−プで冬の生き物観察会を実施。

●椎茸のほだ木

冬は動き回る生き物が少ないので、朽ち木や土の下に眠っている昆虫を探す。

昨年、ビオトープ池のまわりに、椎茸ランドからいただいた使用済みの椎茸のほだ木を積んでおいた。

そこにクワガタやカミキリムシなどが卵を産みつけているはずで、それが孵化して今頃は幼虫になっているはず・・。

●朽ち木割り

子ども達がハンマーでひたすら朽ち木を割る。
みんな結構、楽しみながらやっている。

が、結局、今年はほとんど何も生き物は見つからず。
(昨年はチビクワガタの成虫やカミキリムシの幼虫が見つかった)

●昨年 

そして今年

●腐葉土

ところが、朽ち木を取り除いた下に腐葉土が出来ており、その中に思わぬ「お宝」が眠っていた。

●カブトムシ幼虫

巨大なカブトムシ幼虫が3匹。
みんなにお披露目して写真撮影した後、元の場所に埋め戻す。
来年の夏が楽しみ。(といってもいつ出てくるかわかないが・・)

他の生き物の痕跡も見つかった。

●キツネの巣穴

武庫小学校校庭でキツネの姿の目撃情報があり、すぐ隣にある三田谷公園に探索に出かける。
池につながる南向きの斜面にキツネの巣らしき穴を見つける。
巣穴はおもに子育てに利用されるので、今は使われていない様子。

●ハトの羽毛が散乱

ビオトープ近く(小学校敷地内)に、ハトの羽毛らしきものが散乱していた。

このような食べ方をするのはタカ類(鳥)?かもしれない。
  1. 2012/01/28(土) 11:15:34|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.08.23(Tue)

夏の観察会武庫小学校

8月2日(火)午後、3日連続4回目の観察会。

ここ数年の恒例行事なった「小学校プールへメダカを放流する」イベント。

●水草植栽

メダカの産卵や隠れ家、水の浄化、トンボ類の産卵場所として重要な水草をまず用意する。
水草もエビモ・フサモなどの沈水植物、ガガブタなどの浮葉植物、ツルヨシなどの抽水植物など生活型の異なる種類を選んだ。

●プ-ル

つい数日まで使われていたプールは、まだ透明で底まではっきりと見える。
ここに鉢植えの水草とメダカ約120匹を放流する。
狭いバケツに入れられていた120匹のメダカは広大な海(プール)へと散らばっていった。

丁度、地元の神戸新聞社と朝日新聞社の記者さんが取材に来ており、放流の様子をカメラで撮影していた。●ビオトープの修復

ビオトープ池の周りに落ち葉や土を入れ、雑草園を作っていたが、その周りを囲っていた木の枝が腐ってきたので掘り起こして修復した。

すると・・

●コクワガタのオス

クワガタのオス・メスがペアで朽ち木の隙間から出てきた。
ここで産卵をするために潜り込んでいた・・?

トンボなどの水生生物だけでなく、他の昆虫も外からやってくるビオトープになっている。

●甲虫のビオトープ

他にも、近隣の椎茸ランドからもらってきた廃棄材を積み上げて甲虫のためのビオトープを作っている。
今冬、掘り出してみるのが楽しみ・・
  1. 2011/08/23(火) 23:20:32|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.05.29(Sun)

プールでビオトープ

 昨夏8月、三田市立武庫小学校の児童達がプールを使わなくなった後、プールに鉢植えの水草を設置し、ビオトープ池のメダカを約100尾放流した。

 9ヶ月後、プール開きを前に、小学校の「さかな委員会」のメンバー、有馬富士自然学習センター職員、私立幼稚園の先生、そして私がプールに入って大捕獲作戦を行った。

●メダカの捕獲

●メダカの捕獲2
各自がばらばらに動いているとメダカも散ってしまうので、みんなで1列に並び、プールの端から端まで網で追っていく方法を児童達が考案した。

この方法で、プールの隅に追いやったメダカを多数捕獲することが出来た。

●メダカ(ほんの一部)

猛暑の8月、残暑の9月を経てメダカが多数産卵し、孵化した仔魚が育って数千尾にもなった。

/絏垢高かった。 
⇒颪鮖困濾佞韻訖總陲よく育っていた。
1造砲覆詁以プランクトンやアカムシ(ユスリカ幼虫)が豊富だった。
ぅ瓮瀬にとってはプールは十分すぎるくらい広かった。

などの理由で爆発的に増えたのだと思う。

これだけの人数をかけても約1時間では捕獲しきれず、残りは学年ごとにメダカすくいの体験をしてもらうことになった。

  1. 2011/05/29(日) 19:51:17|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.02.11(Fri)

ホタル保全の水路をつくる

1月の厳寒の日、三面コンクリート張りの水路でホタルを増やすためのミニ工事を行った。

今回は1年前の施工の改良型に取り組んだ。
1年前↓
http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-69.html

●三田市池尻川
この川は3面コンクリート張りになる前(ニュータウン開発前)までは多くのホタルが生息していた(らしい・・)。
現在、絶滅はしていないものの細々と命をつないでいる状態で、環境の激変があればたちまち絶滅の危機にさらされる。

この日は特に寒く、工事を始める前に3cmの氷を割るところから始めないといけなかった。
作業するのは地元、有馬高校科学部の女子高校生。

●角材をコンクリート床に打ち込む
この川でホタル繁殖のための一番のネックは、幼虫が夏を過ごすには水深が浅く、水温が上がりすぎるということ。また、少しの雨でも餌のカワニナや幼虫が下流に流されてしまう。

そこで、川の途中に「水制」を作り、そこに土砂をためて幼虫の避難場所と餌のカワニナの繁殖場所を確保することが今回の目的。

●水制の完成(左岸)

工事についてはもちろん地元、河川事務所の了解ずみ。
むしろ、期待されている。

●陸地つくり
右岸側には径50cmくらいの石を半円形に配置し、ここに砂をため、植物を繁茂させる予定。
地元の新聞も関心を示し、記者も冷たい水に入って高校生にインタビューしていた。

今年のホタルシーズンには成果が出ないかもしれないかもしれないけど、来年以降が楽しみな「ミニ工事」だった。










  1. 2011/02/11(金) 23:54:26|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

zacco

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約