環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2008.05.19(Mon)

魚のようなオタマ

 前回の調査時に見つけたタゴガエル卵を少しだけ持ち帰り、卵の発生の様子を観察してみた。

●卵塊。透明なゼリー質に包まれているが、ゼリーというより「本葛」のように弾力性があり、一個一個が強く接着してる。
 
卵1つ
●1つの卵。直径は5mm。すでに卵内では発生が進んでおり、「尾芽胚」(頭や尾ができはじめている時期)の後半で、首筋には手のひらのようなエラがあり、お腹にはかなり大きな卵黄を持っている。

ふ化
●3日後、ふ化。オタマジャクシの形をしているが、他の日本のカエル類と違うのは依然として白い「卵黄」がお腹の大部分を占めるということ。卵黄はこのオタマにとってはサバイバル弁当で、カエルの形になるまではほとんど何も食べずに育つらしい・・。今回、この様子を観察してみたいと思っている。(カエルになったら、飼育できないので元の場所に放す予定)

このオタマは、どちらかというとサケ科魚類の稚魚に似ている。
ビワマス
●ビワマスの稚魚(サケ科魚類)。やはりオレンジ色の卵黄を持ち、しばらくの間何も食べずに、この栄養で育つ。

 ちなみに他のカエル類のお腹の中には非常になが〜い腸がぐるぐる巻いていて、この腸で藻類を消化してる。ふ化してまもなく、餌を貪欲に食べ始める。

●ニホンアカガエルのオタマ


  1. 2008/05/19(月) 23:18:33|
  2. 生きもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

zacco

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約