環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2008.07.28(Mon)

メダカビオトープ3

 翌年春。

 メダカ引っ越し大作戦。

 夏になる前にプールを子供たちに返さなくてはならないので、子供たち、先生、地元の自然学習センター職員、私とで数千匹以上のメダカを捕獲する。

●救出中。小さい網では間に合わず、大人は網戸(サッシ)を持ち出してすくう。




●捕獲されたメダカ。

メダカ以外にも多数のトンボヤゴ(ギンヤンマ、シオカラトンボ、クロイトトンボ類)、ユスリカ幼虫などがプールの底から見つかる。

●シオカラトンボのヤゴ

●ウシガエル どこからやってきたのか・・?

 メダカはM小学校のビオトープ池だけでなく、近隣の小学校、市内の自然公園のビオトープ池、自然学習センターの展示水槽などにもらわれていった。


 この2年間の試みはコンクリート池や端境期のプールなどを利用し、「とりあえずやってみる」ことを優先した。
お金をかけていない分、試行錯誤する余裕があり、その結果、

(1)小学校、自然学習センター(教育委員会)、私(NPO法人)の   3者が計画段階から相談し、互いに連携しあえた。

(2)学校の先生方がうまく子供たちの積極性を引き出し、子供たち   が自発的に学んでゆくことができた。

(3) コンクリート三面張りの池であっても、水草を植栽すること   によって良好な水質維持と水生動物の多様性が得られた。

など、予想以上に好結果が得られた。
 この成果を「学校ビオトープコンクール」で報告したところ「銀賞」を いただくことができた。特に既製のコンクリート池を活用した点とこども達の意欲的な姿勢が評価されたようだ。
http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/event/bio_con/2007/biocon2007_final/biocon2007_final.pdf
  1. 2008/07/28(月) 23:04:23|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
2008.07.14(Mon)

メダカビオトープ2

 秋。
 水草の周りにたくさんの子メダカが群れる。
 学校の先生によると例年なら今頃は水の色も濃緑色で濁っているが、今年はいつまでも淡緑色のままであるとのこと。
 これは、おそらく水草が水中の無機物(窒素、リンなど)を吸収し、植物プランクトンの発生を抑えているからである。また、水草があることでメダカにとっては卵を産み、隠れる場所となり、トンボにとっても羽を休め、産卵基質になる場所でもある。

子メダカ
●水草の周りに群れる子メダカ。

ヤゴ抜け殻
●ヤゴの殻。
プールの中に立てかけた木杭にヤゴの殻が多数付着していた。ヤゴにとっては鉄の棒よりも木杭の方がお好みのようである。

ギンヤンマ
●水草に卵を産みつけようとしているギンヤンマ。

冬。
冬のプール
●透明なままの冬のプール。
すでに水中の水草は枯れ(1年草)殺風景だが、水のなかはメダカ、トンボ類のヤゴ、ユスリカ幼虫、などでにぎわっている。
冬のギンヤンマ
●ギンヤンマのヤゴ。

以後、続く。


  1. 2008/07/14(月) 22:49:22|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2008.07.07(Mon)

メダカビオトープ その1

 市内M小学校のコンクリート池に水草を植栽し、メダカのためのビオトープ池を造成したのが3年前のこと。その池でメダカがかなり増えたので、今度は使用後のプールに放流することにした。

元コンクリート池
●元のコンクリートひょうたん池。
底には泥がたまり、金魚、ミドリガメ、ヒメダカなどが同居していた。水を抜いてこども達が入り、清掃と生きものの捕獲を行った。

コンクリート池植栽
●植栽後のコンクリート池。
植物が繁茂することによって、水中の有機物が激減し、年間を通して水は透明に保たれている。移入したメダカ(市内のため池で捕獲したもの)も水草に付着する藻類や微生物を食べているので、特に餌を与えなくても成長し繁殖することができる。



●植栽の準備
放流する前に、プールにも水草を植栽する。これには夏休み中の子供たち(「魚委員会」)が水泳パンツ持参で参加した。素焼きの植木鉢に土を入れ、そこにツルヨシ(抽水植物)、エビモやフサモ(沈水植物)、ヒシ(浮葉植物)などいろいろなタイプの水草を植栽する。

植栽直後
●植栽直後のプール
たくさんの植木鉢を用意したつもりだったが、プールに置くと「砂漠のオアシス」程度に見えてしまう。
プールのメダカ
●放流後のメダカ。
いきなり「大海」に放り出されたので、群れになって右往左往。

この後、秋〜翌年春まで、プールの主役はこども達ではなく、メダカがその役を務めることになるのだが、脇役も出現してきた。

続く・・

  1. 2008/07/07(月) 23:31:03|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

プロフィール

zacco

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約