環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2009.01.26(Mon)

トンネルを抜けると

 1月26日 予報も出てなかったのに、早朝の積雪。
警報が出ているかとTVをつけてみるが、中継の大阪の風景はいつもと変わらぬ冬の一日で、晴れ間も広がっている。


●AM7:30 ベランダからの景色
雪は粉雪に変わり、ますます積もり始める。


●積雪5cm。
とりあえず、4WD+オールウェザー対応タイヤの車で職場に向かう。スタットレスタイヤでないので、エンジンブレーキ頼みで運転する。


●事故続出
対向車は大阪や阪神間からの車で、まさかこちらが雪だとは思わず、ノーマルタイヤで向かってくる。坂道で立ち往生、脱輪、追突・・の車が多数。パトカーと何回もすれ違う。


●トンエルの向こう側

トンエルを抜けると雪のかけらもなく、道が少し湿っている程度。
私の車が雪を積んでいるのを不思議そうに見ながら対向車が通りすぎる。トンエルの向こう側がどんなことになっているかも知らずに・・

トンエルの入り口に「トンエルの向こう側情報」の電光掲示板が要るかも・・?

  1. 2009/01/26(月) 23:10:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2009.01.20(Tue)

昔に戻りたい・・Wii Fit

 気がつけばBMIが22(標準)を超え始め、屈伸しても頭と膝にかなりのすき間ができはじめていた。若い頃より今の自分の方が、経験や知識が増えた分、人生を楽しむ上では面白いと思っているが、体はやはり若い頃の「燃費」の良さが懐かしい。
 
 ということで、ツレアイと相談のうえ、お互いの誕生祝い(12月と1月生まれ)&クリスマスプレゼントを相殺して、ニンテンドー「Wii Fit」を購入した。
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/

 まず、トレーニング開始前に体重計のような「バランスWiiボード」に乗り体重測定とBMI測定を行う。コレを怠ると「昨日はどうしたんですかっ!」とボード君からおしかりを受けてしまう。

 「筋トレ」と「ヨガ」を選択するとトレーナーが出てきて丁寧な指導とアドバイスが受けられる。(女性か男性を選択可能)


●女性トレーナ
細身で筋肉質な体型に親切なアドバイス。まるで伊達公子のよう。

「有酸素運動」はダンスにジョギング、ボクシングジムなど

●ジョギング中
走っている自分の視野(画面)に、景色やら応援してくれる人々、先導するトレーナーがたまに振り返って手を振ってくれるのが見える。さらに仲間が追い越していったり、犬が転けたりしている。単調な運動を何とか続けさせようとする工夫が見える。

「バランス運動」いくつかのゲームが用意されている中で私が気に入っている一つがコレ。

●サッカーのGK気分
GKになって、ボールを止める練習をする。体のバランスと動体視力を取り戻すのに最適。たまに「脱げた靴」やサッカーボールに似た白黒の「パンダの頭」が飛んでくるのを避けるのが難しい。

等々、今のところ、毎日はムリとしても一日おきには続いてる。

効果のほどはまたいずれ。





  1. 2009/01/20(火) 00:13:16|
  2. モノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2009.01.12(Mon)

北摂里山検定

1/11(日)兵庫県立 人と自然の博物館(ひとはく)で

「北摂里山検定」を受検した。

●ひとはく
http://info.hitohaku.jp/blog/2008/12/1213_2/

●北摂里山検定
 http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0001651507.shtml

12月にあった「里山講座」で聞いた話と、そこでいただいたテキストを参考に、にわか勉強をして臨んだ。

5択問題が50問。

生物系の問題に関しては98%の出来。
植物や昆虫は得意な分野ではないけれど、人にくっついて里山に入り、話を聞いているうちに「耳学問」で自然に身に付いていた。

問題は古文書などの「里山の歴史」。
12月の里山講座でも居眠りをしてしまった部分。
自身の大学入試でも日本史の古文書読解が不得意で、世界史を選択した。

「一庫(ひとくら)炭が初めて記載されたのはどの書物?」
えーっ、何やったけー・・テキストにも載っていたのに全く思い出せない。

幸いに、この歴史の部分の問題数が少なくて良かった。

60分間の検定時間が与えられていたが、自分にはわかる問題と全くわからない問題がはっきりしており、全体に目を通した後、割り切って20分あまりで退室した。

検定会場の外で解答用紙をもらい、自宅で自己採点を行う。
50点中、42〜43点くらいの予想。

45点(9割)以上が「特級」なので、あと少し足りなかった。

残念!

それにしても「特級」「1級」「2級」とは・・酒好きの人が考えたのでしょうね・・
  1. 2009/01/12(月) 23:22:12|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
2009.01.07(Wed)

ウェッジウッドと進化論

 昨日、新聞やTVで「ウェッジウッド社経営破綻」が報じられた。
 高級陶磁器で有名なイギリスメーカーである。


●我が家のウェッジウッド製カップ。
 自分では買うことがないと思い、厚かましくも弟に「結婚祝いでコレ欲しいナ・・」と要求してしまったモノ。

 実は会社を創設したウェッジウッド家は生物学にとっても非常に重要な役割を果たしている。

 以下は「ダーウィンの足跡を訪ねて」(集英社新書、長谷川真理子著)からの受け売りである。


●「ダーウィンの足跡を訪ねて」

 進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの母親はウェッジウッド家の出身で、その弟(つまりC.ダーウィンの叔父)であるジョサイア・ウェッジウッド二世はボーンチャイナの製造技術を完成させた人物である。

 1831年、C.ダーウィンがケンブリッジ大学を卒業後、ビーグル号で世界一周の調査に行かないかという誘いを受けたのだが、彼の気むずかしい父親は猛反対した。しかし、その父親を説得したのがこのジョサイア・ウェッジウッド二世であった。その説得が功を奏し、その年の12月、ダーウィンを乗せたビーグル号はプリマス港を出港し5年にわたる世界一周の旅が始まった。もし、この軍艦ビーグル号での世界一周の旅がなければC.ダーウィンは「進化論」を著すこともなく、博物学の好きな田舎の牧師として一生を終えていたかも知れない。

 1836年、世界一周の旅を終えたC.ダーウィンはその後の数年間を膨大な標本の整理と航海記録の整理に費やしていた。その間、身の安定を考え始めた彼が選んだ相手が、いとこで1歳年上のエマ・ウェッジウッドである。元々、彼自身のダーウィン家も裕福な家庭だあったがさらに実業家として大成功したウェッジウッド家と縁を結ぶことによって、「生活のために働く」必要はなくなった。後は郊外の豪邸の書斎で、思索の日々を送る中で「進化論」などを書き上げるのが彼の仕事であった。
 ウェッジウッド家の支援がなければ、「生活」のために思索の時間を削られ、「進化論」も志半ばで彼の生涯は終わっていたかも知れない。









  1. 2009/01/07(水) 01:41:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2009.01.02(Fri)

開幕ダッシュ!

 といってもプロ野球のペナントレースはまだ始まっていない。

 2年前までは「だらだら正月」で、朝はゆっくりと起き出し、雑煮を食べ、新聞と年賀状に目を通し、昼におせちを食べ、午後は天皇杯サッカーを見てから実家に向かい、夜は皆んなと鍋をつつく・・のが元旦の日課であった。

 ところが、昨年から早寝早起きをし、元旦の初日の出を見ながら外出の準備をするようになった。そして鎧、いや、防寒具をしっかりと着込み「いざ出陣!」。
 向かう先は車で10分ほどのイオンモール神戸北。

 開店前に着く。
すでに各入り口で行列が出来ている。
厳寒の中、待つこと約40分。行列はかなり長くなり、どの入り口も100mくらいはできているだろうか・・。開店直前に来た人達はイオンでこんなに行列が出来ている事自体に驚いている様子。

 9時きっかりにドアが開くと、いっせいに列が動き出す。西宮えびす神社のようにダッシュして先陣争いをする人を「大人げない!」と思いつつも、自然と自分も早歩きになり、エスカレータを駆け上がる。

 向かう先は「mont-bell(モンベル)」というアウトドアショップ。  http://www.montbell.jp/
ここの「男女L・M・S各サイズ限定10品のみ/1万円」という福袋が目当てである。
この店は普段、値引き、バーゲンセール一切なしで、1年に1回きり、この10個の福袋のみが割引である。しかもバーゲン専用品ではなく定価で店に置いてある品。

今年も無事、3番目くらいでMサイズを入手する。
買うのはこれ1点のみ。

その後は、隣の「神戸三田・プレミアムアウトレット」にあるスタバで暖かいコーヒーをのみながら、福袋の中味を見る。


●インナーダウンジャケット
非常に軽く、暖かい。これだけで1万円以上する一品。

他にフリース、サングラス、長袖綿Tシャツ、ボトル(0.75L)。
すべてアウトドアに耐えられるような丈夫なものばかり。
(フリースは街で着られるようなものではなかったが・・)

いい買い物が出来たと気持ちも大きくなり、スタバでも3000円の福袋を買ってしまう。中味はコーヒ豆3袋、タンブラー大、ストール、チョロQ、携帯ストラップになぜか音楽CD。どれも悪くはないが、コーヒー豆以外はどうしても欲しいモノではない。

戒めるべし「衝動買い」。

自宅に戻り、お雑煮をいただき、いつもの元旦が始まる。

















  1. 2009/01/02(金) 16:22:26|
  2. モノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2009.01.02(Fri)

初日の出、年賀状

 新年、あけましておめでとうございます。


●かろうじて初日の出(AM7:35)。
天気が良ければ、六甲山系の東端から昇ってくる太陽を拝めるのだが
(08年12月13日参考 http://taniyan.21.dtiblog.com/blog-date-20081213.html)、
今年は雲のすき間から、一瞬だけ光が差し込んできたのが初日の出。結局、今日一日、小雪混じりの北風が吹きつける悪天候で、この朝の一瞬だけが貴重な光り輝いた時間だった。


●'09年賀状
 今年の年賀状、ツレアイが気を利かせて?「カーボンオフセットはがき」を購入した。これまで、「寄付付きハガキ」は積極的に買うこともなかったが、今年は「環境カウンセラー」と名乗っている以上「何か貢献したら」というツレからのプレゼントである。
 














  1. 2009/01/02(金) 01:27:16|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

zacco

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約