環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2009.12.31(Thu)

真冬のかいぼり

 昆陽池公園(伊丹市)にあるビオトープ池で生きもの調査と外来種の駆除のため、「かいぼり」を行った。
 この日は手を水につけることもためらってしまうような寒波だったが、ウェーダ(胴長)を来て泥の中を歩き回っていると体が温まってくる。


●参加者は市の職員、伊丹市のボランティア、近くの中学生、高校生


●コイ(体長35cm)
ビオトープ池は非公開であるので、誰かが放流したとは考えられず、増水時の昆陽池から水路をさかのぼって侵入したか・・?


●ゲンゴロウブナ(体長20cm)
元々は琵琶湖原産。釣り目的であちこちに放流されている。


●タモロコ
ため池の典型的な魚。琵琶湖産のホンモロコが美味で、このタモロコはその次に美味しい。


●モツゴ
この魚も、ため池の典型的な魚。汚れに強く、外来魚がいなければどんどん増える。


●ウキゴリ
どちらというと河川の中下流にすむ魚。武庫川から水路伝いに昆陽池に侵入したのかもしれない。


●ウシガエル(特定外来種)
泥の中で眠っているところを起こしてしまった。運命は市の職員さんの手に・・


●アメリカザリガニとウシガエルのオタマジャクシ
アメリカザリガニは子供たちに人気があるが、水草や魚卵を食べてしまうので、ビオトープにはいて欲しくない種。ウシガエルは日本のカエルと違ってオタマジャクシのまま越冬し、翌年春〜夏に手足が生え尻尾がなくなり、カエルになる。
  1. 2009/12/31(木) 00:50:06|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2009.12.19(Sat)

全国学校ビオトープコンクール

 三田市立武庫小学校が応募した「全国学校ビオトープコンクール」の審査結果が発表された。

・全国学校ビオトープコンクール結果発表
http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/activity/biocon/2009/2009_jyusyoukou.pdf
http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-113.html
・日本生態系協会(主催者)
http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/activity/biocon/index.html

 2年前の前回は銀賞だったので、金賞・銀賞校の中の小さい文字を探していたら、何と!一番最初の「文部大臣賞」のところに大きな文字で「三田市立武庫小学校」と書いてあった。
 前回に比べてワンランクアップの「金賞」くらいかと思っていたのに、いきなりのベスト5(139校中)!
 ほとんどお金もかけず、こども達と先生、NPO法人(私)、学習センター職員とで知恵と労力を出し合い、つくってきたビオトープ。特に、こども達の自発的な活動が評価されたと思う。

 来年、2/13(土)に東京で上位5校のプレゼンがあり、そこで最優秀校が決まるとか。是非ともこども達のプレゼンを観に行きたい。

関連記事
http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-28.html
http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-29.html
http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-85.htmlhttp://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-118.html





  1. 2009/12/19(土) 14:45:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
2009.12.13(Sun)

トトロの森の背景画 〜男鹿和男展〜

 兵庫県立美術館で開催されている「男鹿和男展」を観てきた。
http://www.artm.pref.hyogo.jp/



 この人の名前を知る人は数少ないが、その作品はどこかで観たことがあるものばかりで、特に有名なのが「となりのトトロ」(1988年)の背景画。
どこか懐かしい里の農村風景を、夏の青い空と白い入道雲ともに丁寧に描いている。
 「となりのトトロ」は一度しか観ておらず、その時は物語を追うことだけで終わっていた。けれども、今回の美術展のように背景画だけを切り出して観てみると、「里山」の美しい一瞬を見事にとらえていることがよくわかる。


●ポストカード「となりのトトロ」と「もののけ姫」

 しかも、この人はジブリ作品にかかわる前は「はだしのゲン」のアニメ版の背景画も描いていたとか。原爆投下前の広島の下町風景や平和な人々の暮らしなどを細部にこだわって描いていた。それがあるからこそ、原爆投下後の悲惨さを際立たせることができたと思う。(この原画も展示されていた)

 単に平面的な背景画を書くのではなく、事前に家屋の見取り図や物語の場所の地図を綿密にスケッチした(架空の場合でも)上で書き始めるので、膨大な時間と労力を費やしているはず・・。
「となりのトトロ(1988)」に続いて「魔女の宅急便(1989)」「おもいでぽろぽろ(1991)」「紅の豚(1992)」「平成狸合戦ぽんぽこ(1994)」「耳をすませば(1995)」「もののけ姫(1997)」・・とほぼ1〜2年おきにかかわっていたのは驚異的だった。

 いずれにしても、もう一度「背景画」にこだわって全作品を見直してみたいと思う。


●屋久島・白谷雲水峡(2005年8月)
「もののけ姫」シシ神の森のモデルとなった場所と言われているが、男鹿氏はこのロケハンには参加しておらず、後日、生まれ故郷に近い白神山地に出かけたらしい。


●屋久島・白谷雲水峡(2005年8月)苔の水滴
これと同じような背景画が展示されていた。


●屋久島・民宿水明荘(2005年8月)
 このとき、私達の泊まった民宿が以前、ジブリロケハンご一行様の御用達の宿だった。宮崎駿氏の色紙が残されていた。(残念ながら男鹿氏のはなかった)





  1. 2009/12/13(日) 18:55:52|
  2. 美術展|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2009.12.06(Sun)

木曜日はTVっ子

 秋の番組改編以降、木曜夜のTVが待ち遠しくなった。
8時からは「空から日本を見てみよう」http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-116.html
9時からは「秘密のケンミンショー」そして10時からは「不毛地帯」と「ブラタモリ」(NHK)http://www.nhk.or.jp/buratamori/

10時からは2本が重なっているので、最初は「不毛地帯」を生で、「ブラタモリ」を録画にしていたのに最近は逆になってきている。

ということで木曜の8時〜11時までは「地理」つながりのTV番組を見ていることになる。

「ブラタモリ」

●秋葉原
基本はNHK久保田アナとタモリさんが毎回、場所を限定して歩く。この回は秋葉原。鉄道マニアであり真空管オタクであるタモリさんにとっては、ここは聖地のような場所。取材という事も忘れて、テンションが高く、顔がニヤついている。


●秋葉原古地図
秋葉原はかつて、運河の船着き場があって、その近くまで鉄道の引き込み線が開通し、荷を海運から鉄道に積み変えて運んでいたとか。今でも石積みの運河跡がビルの谷間に残っていた。
人と交流することは基本的にはしないで、ひたすら街の過去の手がかりになるようなモノを探して歩き回る。


●本郷台地をブラタモリ
今のところ、東京山手線界隈が多い。タモリさんが昼のレギュラーを持っているので仕方ないか・・。
それにしてもこんな超大物が街中を歩いているのに、東京ではあまり人だかりせず、ツッコミを入れる人もいない。関西だったら、通りすがりのオバちゃんが、旧知の人の様にタモリさんに声を掛けてくるはず。


●江戸初期のCG地図
神田川は元々、東京ドームあたりで90℃方向転換し、そこから南向きに流れていた。その先には江戸城があるので、洪水対策と江戸の街を広げるために、お茶の水の台地を掘り起こし、そこに神田川の水を流し流路変更を行ったとか。確かに今のお茶の水の駅あたりは土地が高く、かなり下を神田川が流れている理由がよくわかる。
上野公園が台地上にあって、その下に不忍池があるのもとくわかる。

この番組も、秋の1クールだけで終わって欲しくないなぁ・・
タモリさんの体力と興味が尽きるまで続けて欲しい。






  1. 2009/12/06(日) 17:35:32|
  2. TV番組|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

zacco

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約