環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2011.05.29(Sun)

プールでビオトープ

 昨夏8月、三田市立武庫小学校の児童達がプールを使わなくなった後、プールに鉢植えの水草を設置し、ビオトープ池のメダカを約100尾放流した。

 9ヶ月後、プール開きを前に、小学校の「さかな委員会」のメンバー、有馬富士自然学習センター職員、私立幼稚園の先生、そして私がプールに入って大捕獲作戦を行った。

●メダカの捕獲

●メダカの捕獲2
各自がばらばらに動いているとメダカも散ってしまうので、みんなで1列に並び、プールの端から端まで網で追っていく方法を児童達が考案した。

この方法で、プールの隅に追いやったメダカを多数捕獲することが出来た。

●メダカ(ほんの一部)

猛暑の8月、残暑の9月を経てメダカが多数産卵し、孵化した仔魚が育って数千尾にもなった。

/絏垢高かった。 
⇒颪鮖困濾佞韻訖總陲よく育っていた。
1造砲覆詁以プランクトンやアカムシ(ユスリカ幼虫)が豊富だった。
ぅ瓮瀬にとってはプールは十分すぎるくらい広かった。

などの理由で爆発的に増えたのだと思う。

これだけの人数をかけても約1時間では捕獲しきれず、残りは学年ごとにメダカすくいの体験をしてもらうことになった。

  1. 2011/05/29(日) 19:51:17|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.05.05(Thu)

沖縄2011春 ぅ侫ギ並木&古宇利島

美ら海水族館近くにある「フクギ並木」に立ち寄る。

「・・・並木」と名の付くところは、ほとんどガッカリ名所が多いので、短い1本道があるだけだと思っていた。

実際は大違い。

最初、観光用水牛車が通る道だけがフクギ並木のように見えたが、実は脇道に入ると砂地のフクギ並木道があり、しかも両脇はそのフクギを防風林として利用する民家が並んでいた。

●フクギ並木

並木の辻を勝手な方向に曲がっていると、本当に方角がわからなくなり、たまに出会う「順路」という小さな板きれが進むべき方向を指し示してくれる。

●民家(民宿)
沖縄の伝統的な旧家をそのまま利用した民宿。
確か「ちゅらさん」の生家もこんな様式だった。

結局、並木の先端まで行き着かず、途中で海岸に出でてしまい、そこでタイムオーバ。

元々はフクギ並木にある「海の見えるカフェ」でランチでも・・と予定していたが、あいにくの定休日で、結局、空腹のまま車を走らせる。

●「まんてん」食堂(国頭郡今帰仁村)
「海の見えるカフェ」とは大違いの、一見ありふれた村の食堂に入る。

●店の「まんてん君」

●ソーキそば
沖縄定番だが、ここのはご主人手打ちの沖縄そばで、こくのあるつゆとからまって美味しい。

●古宇利大橋
屋我地島(手前)から古宇利島へ渡る全長1960メートルの橋。
長さでは、3,911mの明石海峡大橋にはかなわないが、またぐ海の美しさははるかにしのいでいる。
しかも無料!(無料の橋としては日本一の長さだとか)

●古宇利大橋
古宇利島側に公園、土産物店、駐車場があり、そこから海岸に出ることが出来る。
海の透明度も高く、もう少し暖かければ、絶対海に入っていた。
  1. 2011/05/05(木) 22:51:41|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

zacco

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約