環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2011.08.30(Tue)

夏の観察会キリンビオトープ

8月17日(水)は兵庫県立人と自然の博物館の「キリンビオトープ観察会」。
博物館主任研究員の田中哲夫氏のアシスタントを兼ねて参加する。

●観察会

参加者はおもに小中学校の先生方。
夏休み中の研修ということで、大変熱心。

●キリンビオトープ
正確にはキリンビール神戸三田工場内にあるビオトープで、池の大きさは長径で約40m、短径で約15m、両側が丸くふくらみ、ひょうたん型をしている。

●カワバタモロコ
すぐ近くのため池で捕獲したカワバタモロコ(兵庫県RDのAランク)がこのビオトープ池で繁殖し、数千尾以上の優占種となっている。
後で少数のモツゴとタモロコ、メダカを入れたが、何とか共存できているのはメダカだけ。

●サギソウ(兵庫県RDのBランク)
ビオトープ池の水際に定着している。

●オグラコウホネ(兵庫県RDのBランク)
武庫川に自生していた株を河川改修を機に、このビオトープに移植した。
河川改修の結果、武庫川本川の群落は衰弱し、逆にこちらの方は勢いよく育っている。

このように、キリンビオトープは地域の希少種の一時避難所(refuge:レフュジー)としての機能がある。

●睡蓮

ただ残念なのがこのスイレンと向こうのヒメガマ。

ビオトープ造成当初に造園業者がスイレンを先に植えてしまっており、刈り取っても残った地下径からまた再び生えてくる。

一度植えてしまうと、外来種、園芸種はなかなか除去できない。
  1. 2011/08/30(火) 23:31:02|
  2. 観察会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.08.29(Mon)

夏の観察会羽束川

8月9日(火)は再び羽束川で観察会。
この日は今夏最大の参加数で、親子合わせて50人以上。

●生き物採集の様子

夏休みに海水浴に行く家族連れが減少しているというニュースが流れていた。
暑すぎる(紫外線が強すぎる)、治安が良くないなどの理由からだとのこと。

反面、三田市野外活動センターなどの涼しげな場所に川遊びに行く人の数が増えてきているように思える。

その分、人の捕獲圧が増加して生物の数が減少傾向にある。
(もちろん、水質などの環境悪化も生物減少の原因の一つ)

この日の生物種は8月5日の観察会とほぼ同じ。

ただ、今回初めて捕獲したのが魚の「カマツカ」。

●カマツカ

この魚は川の中下流部の砂地の場所にいて、砂泥の中から有機物や水生昆虫を漉し取って食べている。
カマツカがいるって事は、羽束川のこの場所はかなり中流化してきたということになる。
  1. 2011/08/29(月) 23:49:56|
  2. 観察会|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
2011.08.29(Mon)

夏の観察会武庫川上流

8月8日(月)武庫川上流部に出かける。

●武庫川最上流部

武庫川をどんどんさかのぼると、渓流ではなく水田地帯を流れる用水路のような川になる。

●武庫川最上流部

しかも、ある部分ではこのようなコンクリート3面張りになってしまっている。

それでも魚類は豊富で、したたかに生きている。

〈魚類〉
オイカワ、ヌマムツ、イトモロコ、アブラボテ、ドンコ、メダカ、など希少な種類も含まれている。

午後は車で少し下流側に移動した。

この場所は最上流部より川幅が広く、河原、浅いワンド、瀬、淵など多様な環境があり、さらに魚の数が増えてくる。

●浅いワンド
水深が浅く、水温が30度近くもあるが、魚の稚魚には好都合の環境。
餌のプランクトンが発生し、稚魚を狙う大型の魚がいない。
こんな浅いワンドがある場所では魚の密度が濃い。

●調査の様子
魚には良い環境だが、我々にとっては遮る木陰もなく、真夏の炎天下の作業はかなりこたえる。

●ブルーギル

この場所はタナゴ類、メダカ、ドジョウなど日本在来の希少な魚類も多いのだが、淵になっているところで釣り糸をたれると特定外来種ブルーギルの姿も見られる。
外来種にとっても餌になる小魚やエビ類が多いので住みやすい場所なのだろう。
  1. 2011/08/29(月) 23:26:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.08.29(Mon)

夏の観察会小柿

8月5日(金)三田市小柿の野外活動センターで主に小学校先生向けに水生生物観察講習を実施した。

●羽束川での採集

この日の前日までは好天が続いていたのに、雲行きが怪しく、とりあえず大急ぎで採集を行った。

●部屋での講習

採集した生物を野外活動センターに持ち帰り、種類ごとに分類し、それぞれについて説明する。

〈魚類〉
オイカワ、カワムツ、カワヨシノボリ、スジシマドジョウ
(今年はなぜかムギツクが見つからない。)

〈両生類〉
カジカガエル幼生

〈甲殻類〉
ミナミヌマエビ、サワガニ(人の採集圧が大きいのか、数が少ない)

〈水生昆虫〉
コヤマトンボ、オジロサナエ、ダビドサナエ?、コオニヤンマ、ヒゲナガカワトビケラ、エルモンヒラタカゲロウ、シロタニガワカゲロウ、ニンギョウトビケラ、ゲンジホタル幼虫、コバントビケラ、ヒラタドロムシ

〈貝類〉
カワニナ

この午前中の水生生物観察会が終わったとたんに、傘も役に立たないくらいのものすごい雨。
川も一気に増水し、もう2時間雨が早ければ観察会どころではなかった。
  1. 2011/08/29(月) 22:59:32|
  2. 調査|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.08.23(Tue)

夏の観察会武庫小学校

8月2日(火)午後、3日連続4回目の観察会。

ここ数年の恒例行事なった「小学校プールへメダカを放流する」イベント。

●水草植栽

メダカの産卵や隠れ家、水の浄化、トンボ類の産卵場所として重要な水草をまず用意する。
水草もエビモ・フサモなどの沈水植物、ガガブタなどの浮葉植物、ツルヨシなどの抽水植物など生活型の異なる種類を選んだ。

●プ-ル

つい数日まで使われていたプールは、まだ透明で底まではっきりと見える。
ここに鉢植えの水草とメダカ約120匹を放流する。
狭いバケツに入れられていた120匹のメダカは広大な海(プール)へと散らばっていった。

丁度、地元の神戸新聞社と朝日新聞社の記者さんが取材に来ており、放流の様子をカメラで撮影していた。●ビオトープの修復

ビオトープ池の周りに落ち葉や土を入れ、雑草園を作っていたが、その周りを囲っていた木の枝が腐ってきたので掘り起こして修復した。

すると・・

●コクワガタのオス

クワガタのオス・メスがペアで朽ち木の隙間から出てきた。
ここで産卵をするために潜り込んでいた・・?

トンボなどの水生生物だけでなく、他の昆虫も外からやってくるビオトープになっている。

●甲虫のビオトープ

他にも、近隣の椎茸ランドからもらってきた廃棄材を積み上げて甲虫のためのビオトープを作っている。
今冬、掘り出してみるのが楽しみ・・
  1. 2011/08/23(火) 23:20:32|
  2. ビオトープ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.08.22(Mon)

夏の観察会武庫川

8月2日(火)午前、3日連続の観察会は三田市藍本の武庫川で。

●武庫川本流

この場所は2回目。
前回の7月上旬は大雨直後で増水し、子供が川を歩いて対岸まで行くことができなかったが、今回は水位が下がって歩きやすくなっていた。

観察できた生き物
〈魚〉
カマツカ、ギンブナ、シロヒレタビラ、アブラボテ、カワムツ、オイカワ、メダカ、ドンコ、カワヨシノボリ、ドジョウ、スジシマドジョウ、ギギ
〈水生昆虫〉
コオニヤンマ、オナガサナエ、ヒゲナガカワトビケラ、ホタル幼虫
〈甲殻類〉
ミナミヌマエビ、アメリカザリガニ
〈貝類〉
カワニナ、マシジミ、イシガイ、カタハガイ

●小魚の唐揚げ
今回は主催者事務局が、参加者に川魚を食べてもらおうと、おもにカワムツ、オイカワの唐揚げを作った。唐揚げにしてしまうと川魚の臭みも消え、さくさくと食べることが出来る。

●アメリカザリガニの剥き身
殻と背わたを取るのに苦労する。
かなり大きなザリガニでも、上半身を取ってしまうと食べられる部分は少なくなってしまう。
これも天ぷらにすると海産の小エビと同じような味がする。
  1. 2011/08/22(月) 22:39:47|
  2. 観察会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011.08.21(Sun)

夏の観察会淡路臨海実習

8月1日(月)は受講生として淡路島での臨海実習に参加する。

●神戸大学内海域環境教育研究センター実習船「おのころ」

岩屋港を出港すると、向こうに明石大橋が見えてくる。
明石海峡は「急流」なので、そちらには向かわず、淡路島の東海岸を南下する。

この日も猛暑日で、遮るものがない前甲板は紫外線が肌に突き刺すが、海風は心地よい。

●海底の砂を採取

岸にほど近い水深5mくらいの砂を採取。

●和名:スカシカシパン(英名:Sand dollar)

中川翔子(しょこたん)の愛玩生物で、2008年にはローソンとしょこたんとのコラボで「スカシ菓子パン」が発売され、「スカシカシパンマン」というアニメキャラができたり、それがDSのゲームとして発売されたり・・と一時は人気者だったらしい?

●ナメクジウオ

今回の実習の目的生物がこれ。
背骨を持っている魚類、両生類、は虫類、鳥類、ほ乳類の大先輩にあたる。
背骨に進化する前の「脊索」という器官をもっていて、生物学の教科書に必ず出てくる動物。

ところが、名前を知っていても、生きているナメクジウオを見たことのある生物教師はあまりいないはず。

今回の調査では、3回ほどの軽い底引きで20尾ほど採集できた。
(もちろん、ホルマリン漬けのお土産になったのは言うまでもない)
  1. 2011/08/21(日) 23:51:01|
  2. 観察会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

zacco

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約