環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.02.17(Sun)

「共生のひろば」

 2月11日、「兵庫県立人と自然の博物館」で「共生のひろば」という催しがあり、私が顧問をしている高校自然科学部が生物の調査報告について口頭発表しました。

●発表風景

 今年は高校生の発表が多く、どの高校も研究手法や結果のまとめ方もかなりレベルが高かったように思います。
というのも、何らかの形で「人と自然の博物館」が高校生の研究に関わってきたことが少しずつ実を結び始めているのかもしれません。
  1. 2013/02/17(日) 23:40:04|
  2. 博物館|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.02.03(Sun)

タイ・チェンマイ┐泙辰燭

チェンマイの1月は過ごしやすいといわれつつも、それでも12時〜14時の屋外は気温が30℃を超え、歩き続けるのは大変。
そこで我々は、この時間帯をタイ古式マッサージの店で過ごすことにした。

●タイ古式マッサージ(刑務所店)

刑務所で過ごす女性の受刑者が、刑期を終えた後、自立してゆけるようにマッサージの技術を磨く場所として開設されたのがこのマッサージ店。
店は「塀の中」にあるのではなく、普通の店のように通りに面している。
店内も囚人服や厳つい刑務官の制服姿もなく(受付に一人だけそれらしきひとはいた)、穏やかな雰囲気にしつらえてある。

古式マッサージ1時間で180バーツ(約540円)。
この店だけが特に安いわけではなく、チェンマイではだいたい180〜200バーツが多い。(バンコクでは1時間300バーツ=900円くらい)

技術的には多少個人差があるようで、前日別の店で男性マッサージ師に2時間みっちりやってもらった後なので、私の方は力の入れようが少しもの足らなく感じたが、嫁の方は「とても気持ちよかった」とのこと。

●「FULL」(予約満席)

古式マッサージ「女性刑務所」店、実は前日にも訪れたら、中国人団体の予約でいっぱいとのこと。
この日も、私たちがマッサージを終えて出てきたらこの「FULL」(満席)の表示が。
日にもよるけれども、観光客にはかなり人気が高い。

もしここが混んでいたら、近くに「女性刑務所」出所者が実際に働いている店があるので、そちらに行くのもオススメ。



●ナンバープレート

タイでもご当地ナンバープレートがあるようで、ここチェンマイではなぜか「パンダ」。
チェンマイ動物園で飼育されているから・・?
それとも中国国境を越えてタイ北部でもパンダが生息している・・?
  1. 2013/02/03(日) 23:51:24|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

zacco

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約