環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.10.07(Mon)

2013夏 奄美へ無人島シュノーケリング

フィッシングの後は大島海峡にある無人島に向かう。

●無人島の浜と船

一見、珊瑚礁もなさそうな島に見えるが、シュノーケリングで水の中をのぞいてみると・・・

●サンゴの群体

浜から10mほど離れるとそこには生きたサンゴが塊となっていた。
これまでの3日間とは比べようがないくらいすばらしい光景。

●テーブル珊瑚(クシハダミドリイシ?)
直径が2mほどもある。
これまでシュノーケリングで見た中では最大級のサンゴ。

●クサビライシ
「イシ」と名前が付いているがこれもサンゴの一種で、直径20cmほどの円形をした生き物。
その昔、西表島で泳いだときには当たり前のようにいたが、最近はあまり見かけなかった。

●ツマグロモンガラ
体長50cmもあるモンガラカワハギの仲間。
こんな大きな魚が海岸のすぐそばで見ることが出来る。

●ハナビラクマノミ
クマノミの中では地味な色合いで、イソギンチャクに隠れてあまり出てこない。

●ハマクマノミ
こちらはよく目立つ色調で、行動も積極的なクマノミ。

この無人島のまわりでは3種のクマノミが同時に見ることが出来る。

前日までの3日間のように、自分たちで自由にシュノーケリングを楽しむのもいいけれども、たまには地元をよく知るスタッフに連れてきてもらうことで思わぬ出会いもある。(多少の出費があったとしても)
  1. 2013/10/07(月) 21:21:50|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.10.06(Sun)

2013夏 奄美へД侫シング

すでに3日間海で泳いでいるのに、この日も海へ。
事前にエコツアー会社「ボブマリン奄美」に予約し、ボートを1日借り切って「フィシング&シュノケリング」のツアーを組んでもらっていた。

「ボブマリン奄美」→http://www.bm-amami.com/

湯湾の「やけうちの宿」からレンタカーで約90分。
10:00 瀬戸内町清水にあるボブマリン奄美に到着。
簡単な手続きと説明を受けて、車で5分ほどの港へ。

●船
船は大きくはないが、軽快で一気に大島海峡を進んでいく。

●フィシング
大島海峡の湾内には黒真珠やマグロの養殖イカダがあり、その近くが釣りのポイント。
竿をおろしてすぐにアタリが来る。

しかも続けて同じ種類が釣れることは少なく、次に何が釣れるかわくわくしながらリールを巻き上げる。

ただ、釣れ続けることはなく、しばらくするとアタリはなくなるのでまた次のポイントに移動して釣り糸をたれる。
そして、そこではまた違う種類が釣れたりする。

●釣果
タイ類、ブダイ類、タカサゴヒメジ(長いひげの魚)、アジ類、カワハギ類・・・と種類が豊富。

●釣果(拡大)

実は釣った後のことは考えておらず、これだけの魚をどうしたものかとスタッフさんに相談すると、彼の実家が民宿をやっているとのこと。
早速、その民宿に連絡してもらい、安価で料理してもらうことに。


●刺身(タイ類、ブダイ類)
真鯛と比べると少し柔らかめではあるけれども、美味しくいただく。

●焼き魚(種名わからず)
  1. 2013/10/06(日) 21:18:36|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

zacco

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約