環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.09.16(Mon)

2013夏 かがわアートと讃岐うどんの旅

引き続き 瀬戸内芸術祭2013 in男木島。

民家の密集する集落から海の方に降りてみる。

●歩く方舟 by 山口啓介

画像ではわかりにくいが、海に突き出た突堤の上にある。
そのままその足で行進しながら海に入っていくように思えてしまう。
近くで見るよりも、少し離れて見た方が面白い。↓

●歩く方舟(遠景)

●猫、猫、猫・・・

路地裏の猫は人見知りして、近づくと逃げてしまう個体が多いのに、港では人が立ち止まっていると集会場のようにぞろぞろと集まってくる。
漁師さんから餌をもらうことが多いのだろうか・・?

●港の猫

これだけ好意的な猫ならプロの岩合さんのような写真も撮りやすいかなと思いきや、なかなか思うようなベストショットは撮れない。
風景と猫の表情を画像として切り取るのは難しい。

●昭和40年会男木学校の受付

アーティストグループの昭和40年会(会田誠、有馬純寿、小沢剛、大岩オスカール、パルコキノシタ、松蔭浩之)が現在休校中の「男木小・中学校」の教室や校庭にアート作品を展示している。
これは旧職員室を利用した受付。

●肉体塾「移動に注意を要する教室」by 松蔭浩之

教室内にカラーゴムテープを張り巡らせ、その中に卓球台、地球儀、蛍光灯などが並べられている。
その教室内に自由に入ることが出来、その不自由な空間で実際に卓球をすることも出来る。
ここで鍛えると肉体改造も出来るかも。

●ミラールーム「鏡の部屋」 by 大岩オスカール

机と椅子にもたれかかって正面からこの鏡を撮影したのに、霊のような姿がかすかに写ってるだけ・・・・
不思議な体験。

●3シーズンパスポート
会場へはこのパスポート見せて入場する。
入口で受付係の人が男木島なら「男」、犬島なら「犬」などの印を押してくれる。

すでに夏会期は終わってしまったが、まだまだ空白が多い。
  1. 2013/09/16(月) 17:48:10|
  2. 美術展|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2013夏 かがわ讃岐うどんとアートの旅 | ホーム | 2013夏 奄美へ‥收后覆箸發蝓乏ご>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taniyan.dtiblog.com/tb.php/330-c2d10d53

プロフィール

zacco

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約