環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.09.18(Wed)

2013夏 奄美へ‥收后覆箸發蝓乏ご

夏の終わり、遅い夏休みを取って奄美大島に向かう。

この島に行くことにしたのは、沖縄本島のやんばるの森に似た照葉樹の原生林が残っているのと、島の周りに珊瑚礁の海が広がっているから。
海の透明度は沖縄本島以上だとか・・・。

伊丹−奄美の直行便は運賃が高いので、神戸空港からスカイマークで鹿児島空港まで向かい、そこから日本エアコミュータ(JAC)に乗り継ぐ。

●JAC3725便 ボンバルディアDHC8 Q-400

●トカラ列島 諏訪之瀬島
進行方向右側の窓際の席から外を見ていると、噴火している山を発見。
これは大事!とまわりをみわたしてみてみると、機内は特にざわついている様子はなかった。

後で調べてみると、この島の御岳という山は桜島と同じような活火山で、時々噴煙を噴き上げているとのこと。
人的被害がさほどないようなので、全国ニュースにならないらしい。

私は午前中に到着し、後で合流する友人達を待つ間、先にレンタカーを借りて空港の近隣をドライブする。
空港から北へ5分ほど走ると、「土盛海岸」の標識が見えたので入ってみることに。

●土盛海岸(空港に着陸する航空機を見ることが出来る)

白砂のキレイな海岸だったので、見ているだけではもったいなく、素早く水着に着替え海に入った。

この海岸には駐車場、トイレ、屋外の水道があり、しかも私が行ったときにはテントの下でライフセイバー二人が双眼鏡をのぞいていた。
私が一人で泳ぐと言うと、「時々、双眼鏡で見ておきますので」と心強いお言葉。
安心して海に入ることが出来た。

●シュノーケリング3点セット(モンベル製)
これまで長年使ってきたシュノーケルが劣化してきたので、今回、マスク・シュノーケル・フィンの3点セットを新調して持ってきた。
このフィンはかさばらず、バッグの中に収まるので持ち運びしやすい。

●サンゴとホンソメワケベラ(手前青すじの魚)

海岸近くには死滅したサンゴも見られたが、少し沖に出ると大きなサンゴ群体もあった。

●モンガラカワハギ(モンガラカワハギ科)
本州では地味な色合いのカワハギ類が、南の海では派手派手になる。

●フウライチョウチョウウオ(チョウチョウウオ科)
似たようなチョウチョウウオが何種類かいて、その場で見分けるのが難しい。
このフウライチョウチョウウオは比較的ポピュラーな種類。

●海水浴客
こんなキレイな海にもかかわらず、この日、泳ぎに来ていたのは4〜5組のカップルや家族連れだけ。プライベートビーチのよう。
ただ、後でライフセーバーの人に聞くと、地元の人は夕方涼しくなってから泳ぎに来るとか。

●ミナミクロダイ(体長40cmくらい)
浅い場所でも、水の中をのぞいてみるとこんなに大きくて美味しそうな?魚が泳いでる。


  1. 2013/09/18(水) 20:40:33|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2013夏 かがわアートと讃岐うどんの旅 | ホーム | 2013夏 奄美へ∈蠍供覆気ばる)海岸>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taniyan.dtiblog.com/tb.php/331-3e8ca1f8

プロフィール

zacco

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約