環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.09.22(Sun)

2013夏 奄美へ食べる・泊まる

一日目の夜は奄美最大の町、名瀬市のビジネスホテルに宿泊。
そのホテルで紹介された奄美料理店へ行く。
(店名を忘れてしまったのが残念・・・)

●マガキガイの塩ゆで
地元で「トゥビンニャー(飛ぶ貝)」とよばれている。
初めて食べるので、おそるおそる口に入れてみると、予想外に美味。
その後は次々に平らげる。

●油そうめん
油で肉・野菜・そうめんを炒めているだけだと思っていたら、出汁も一緒に入っているらしく、油こくなくて食べやすい。
これも気に入った。

●やけうちの郷(宇検村)

http://www.yakeuchinoyado.jp/index.htm

黒糖焼酎で有名な奄美大島開運酒造の関連会社が経営するホテル。
宇検村の福祉健康関係の施設がまわりにある。
観光客向けのリゾートホテルの様で、ビジネスホテルのようでもある不思議な宿。

●コテージ
我々はこちらに宿泊しなかったが、家族連れにはちょうどよいサイズかも。

●きょらむん館
我々が宿泊したのはこちらの方で、一見、合宿所のよう。
1階に和室の広い部屋があり、2階にツインタイプの部屋が6室ある。
(隣に陸上競技場などもあるので、実際、合宿にも使える)


●部屋
部屋に入ってみるとかなり広く、各部屋にトイレ・バス・冷蔵庫・ミニキッチン・テーブル&椅子、液晶TV、インターネット回線、クローゼット完備で良質なホテルとしての設備は整っている。
しかも隣接する大浴場の入浴券もいただける。

これで朝食付き1泊6000円〜6500円は安い!

●宇検食堂

ホテルの本館にある食堂で、宿泊者はここで朝食、夕食を食べる。
と同時に、この食堂は地元の人にとって数少ない外食できる場所でもあり、地元家族の外食や職場の宴会などにも利用されている。

●朝食

一見、納豆、味噌汁、焼き魚と内容はごく普通の朝食メニューだが、野菜などは地元の食材を使い、一人一人盆にのせて運んでくれる。
他のビジネスホテルの朝食バイキングと比べると遙かに丁寧で質がいい。

夕食は地元のメニューを期待したが(単品でわずかにあったが)、基本は唐揚げ、天ぷら、フィッシュカツ、ハンバーグなどの定食ものが中心。

我々も昼間のシュノーケリングでお腹空いていたので、ご飯・汁・小鉢がおかわり自由の定食をついつい選んでしまう。
  1. 2013/09/22(日) 23:10:39|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2013夏 奄美へ∈蠍供覆気ばる)海岸 | ホーム | 2013夏 奄美へげ案潦ご>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taniyan.dtiblog.com/tb.php/333-fb1793be

プロフィール

zacco

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約