環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.09.24(Tue)

2013夏 奄美へげ案潦ご

三日目は本島南部・焼内湾にある屋鈍海岸へ。
(宇検村湯湾地区の「やけうちの宿」から車で約40分)

●屋鈍海岸入口

●シャワー、トイレ
手前に屋外シャワー、トイレの向こう側にはシャワー付きの脱衣場もある。
しかも駐車場も含めてすべて無料。
常駐する管理人はいないけれども、手入れがよく行き届いている。

●屋鈍の海
この日は台風の影響で、少し曇りがち。
それでも時々日が差し込むと一気に南の海らしい風景になる。
観光ルートから離れているせいもあって、ほとんど人は来ず、たまに観光客が来て写真を撮るか水際で戯れる程度。
この日もほとんどプライベートビーチ状態だった。

●サンゴの塊
海岸から近いところにはほとんどサンゴはなかったが、唯一大きな塊があった。
そのサンゴが1つあるだけで、多くの魚が集まってきていた。

●イソギンチャク
鮮やかな紫色のイソギンチャク。
水中でよく目立ち、ほぼすべてクマノミと共生している。

●サンゴの接写

●ハリセンボン
針の出ていないハリセンボン。

●サンゴとロクセンスズメダイ

台風のうねりもあって、岸近くは透明度が良くなかったが、岸から50mほど沖に出ると透明度は抜群に良くなり、生きたサンゴも多くなってくる。
最初はこれだけ沖に出るのも心細いが、シュノーケルとマスクをつけフィンで泳ぐとさほど怖くない。
また、奄美の海は所々にサンゴの塊があるのでその部分だけは足が着くほど浅くなっている。

結局この日も朝の10:30くらいから15:30位までここで泳いだ。
飽きることのない奄美の海。
  1. 2013/09/24(火) 22:17:09|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2013夏 奄美へ食べる・泊まる | ホーム | 2013夏 奄美へヅ鯱儚拯啼>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taniyan.dtiblog.com/tb.php/334-22ce0cb7

プロフィール

zacco

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約