環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.09.30(Mon)

2013夏 奄美へμ襪領啼

夕食後、再び車に乗って、とある林道に向かう。
(希少な生き物が多いので、場所は伏せておく)

ハブが多いので山中に入らず、林道を車でゆっくりと進む。

●夜の林道

山側から林道に水があふれている様な場所にカエル類がいそうなので、そこで車から降りてあたりを探していると・・・

●アカマタ
派手な模様の割に、毒は持っていないが、深追いすると向かってくる。
気性の荒いヘビ。

●ヒメハブ
アスファルトの上を水が流れているところに、居座っていた。
水につかって体を冷やしているのだろうか・・・
それとも、カエルがやってくるのを辛抱強く待っているのか・・・
(ハブほどの毒はないと言われている)

●アマミシリケンイモリ
林道脇の水たまりに多数生息。
浅くてさほど広くない水域ではあるけれども、水は涸れることはなく、冷たくてきれいな水があふれている様子。

●オットンガエル(英名:otton frog)
環境省レッドリスト絶滅危惧IB類(EN)。
名前からして外来種か外国人名が由来かと思いきや、「おっとん」は奄美地方の「おおきなカエル」という意味らしい。
実際、日本在来種ではヒキガエルと並んで最大級のカエル。

●ハブ
出会いたくはないけれど、一度は野生の姿を見てみたかった。
ヒメハブと同じく、林道脇から水がしみ出ているところでとぐろを巻いていた。

他にも、「アマミノクロウサギ」(国天然記念物、環境省レッドリスト絶滅危惧IB類)や「アマミヤマシギ」(鹿児島県版レッドデータブック 絶滅危惧I類)「リュウキュウイノシシ」なども林道脇で一瞬の出会いを果たすことが出来た。

人工物の林道は動物にとっても動きやすい「道」なのかもしれない。
(かといって、林道の造成を奨励している訳ではないが)

それと、われわれの様な「一見(いちげん)さん」であっても、これらの野生動物を見ることが出来たのは、ラッキーだったのかもしれないが、同時に環境省の行っているマングース駆除対策が効を奏しているのかもしれない。
  1. 2013/09/30(月) 22:47:55|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2013夏 奄美へヅ鯱儚拯啼 | ホーム | 2013夏 奄美へД侫シング>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taniyan.dtiblog.com/tb.php/336-961be188

プロフィール

zacco

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約