環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2013.09.18(Wed)

2013夏 奄美へ‥收后覆箸發蝓乏ご

夏の終わり、遅い夏休みを取って奄美大島に向かう。

この島に行くことにしたのは、沖縄本島のやんばるの森に似た照葉樹の原生林が残っているのと、島の周りに珊瑚礁の海が広がっているから。
海の透明度は沖縄本島以上だとか・・・。

伊丹−奄美の直行便は運賃が高いので、神戸空港からスカイマークで鹿児島空港まで向かい、そこから日本エアコミュータ(JAC)に乗り継ぐ。

●JAC3725便 ボンバルディアDHC8 Q-400

●トカラ列島 諏訪之瀬島
進行方向右側の窓際の席から外を見ていると、噴火している山を発見。
これは大事!とまわりをみわたしてみてみると、機内は特にざわついている様子はなかった。

後で調べてみると、この島の御岳という山は桜島と同じような活火山で、時々噴煙を噴き上げているとのこと。
人的被害がさほどないようなので、全国ニュースにならないらしい。

私は午前中に到着し、後で合流する友人達を待つ間、先にレンタカーを借りて空港の近隣をドライブする。
空港から北へ5分ほど走ると、「土盛海岸」の標識が見えたので入ってみることに。

●土盛海岸(空港に着陸する航空機を見ることが出来る)

白砂のキレイな海岸だったので、見ているだけではもったいなく、素早く水着に着替え海に入った。

この海岸には駐車場、トイレ、屋外の水道があり、しかも私が行ったときにはテントの下でライフセイバー二人が双眼鏡をのぞいていた。
私が一人で泳ぐと言うと、「時々、双眼鏡で見ておきますので」と心強いお言葉。
安心して海に入ることが出来た。

●シュノーケリング3点セット(モンベル製)
これまで長年使ってきたシュノーケルが劣化してきたので、今回、マスク・シュノーケル・フィンの3点セットを新調して持ってきた。
このフィンはかさばらず、バッグの中に収まるので持ち運びしやすい。

●サンゴとホンソメワケベラ(手前青すじの魚)

海岸近くには死滅したサンゴも見られたが、少し沖に出ると大きなサンゴ群体もあった。

●モンガラカワハギ(モンガラカワハギ科)
本州では地味な色合いのカワハギ類が、南の海では派手派手になる。

●フウライチョウチョウウオ(チョウチョウウオ科)
似たようなチョウチョウウオが何種類かいて、その場で見分けるのが難しい。
このフウライチョウチョウウオは比較的ポピュラーな種類。

●海水浴客
こんなキレイな海にもかかわらず、この日、泳ぎに来ていたのは4〜5組のカップルや家族連れだけ。プライベートビーチのよう。
ただ、後でライフセーバーの人に聞くと、地元の人は夕方涼しくなってから泳ぎに来るとか。

●ミナミクロダイ(体長40cmくらい)
浅い場所でも、水の中をのぞいてみるとこんなに大きくて美味しそうな?魚が泳いでる。


  1. 2013/09/18(水) 20:40:33|
  2. エコ旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.09.16(Mon)

2013夏 かがわアートと讃岐うどんの旅

引き続き 瀬戸内芸術祭2013 in男木島。

民家の密集する集落から海の方に降りてみる。

●歩く方舟 by 山口啓介

画像ではわかりにくいが、海に突き出た突堤の上にある。
そのままその足で行進しながら海に入っていくように思えてしまう。
近くで見るよりも、少し離れて見た方が面白い。↓

●歩く方舟(遠景)

●猫、猫、猫・・・

路地裏の猫は人見知りして、近づくと逃げてしまう個体が多いのに、港では人が立ち止まっていると集会場のようにぞろぞろと集まってくる。
漁師さんから餌をもらうことが多いのだろうか・・?

●港の猫

これだけ好意的な猫ならプロの岩合さんのような写真も撮りやすいかなと思いきや、なかなか思うようなベストショットは撮れない。
風景と猫の表情を画像として切り取るのは難しい。

●昭和40年会男木学校の受付

アーティストグループの昭和40年会(会田誠、有馬純寿、小沢剛、大岩オスカール、パルコキノシタ、松蔭浩之)が現在休校中の「男木小・中学校」の教室や校庭にアート作品を展示している。
これは旧職員室を利用した受付。

●肉体塾「移動に注意を要する教室」by 松蔭浩之

教室内にカラーゴムテープを張り巡らせ、その中に卓球台、地球儀、蛍光灯などが並べられている。
その教室内に自由に入ることが出来、その不自由な空間で実際に卓球をすることも出来る。
ここで鍛えると肉体改造も出来るかも。

●ミラールーム「鏡の部屋」 by 大岩オスカール

机と椅子にもたれかかって正面からこの鏡を撮影したのに、霊のような姿がかすかに写ってるだけ・・・・
不思議な体験。

●3シーズンパスポート
会場へはこのパスポート見せて入場する。
入口で受付係の人が男木島なら「男」、犬島なら「犬」などの印を押してくれる。

すでに夏会期は終わってしまったが、まだまだ空白が多い。
  1. 2013/09/16(月) 17:48:10|
  2. 美術展|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.09.15(Sun)

2013夏 かがわ讃岐うどんとアートの旅

この日は高松港からフェリーに乗り、女木島経由で約40分ほどの男木島へ。

すでに瀬戸内芸術祭2003の3シーズン共通チケットを購入していたので、夏会期は男木島を巡ることにした。

●男木島中心部

狭い斜面に軒を重ねるように民家が密集している。
その民家と民家の間にある狭い路地を巡るのがこの島の見所。

●路地壁画プロジェクト wallalley by 眞壁陸二

その路地を歩いていると突然、カラフルな壁画に出くわす。
色彩は鮮やかであるものの、素材は廃材の様。

●漆の家(白) by 漆の家プロジェクト

今回の展示は、島の風景を切り取って見せている作品が多いのが特徴で、この作品以外にも窓枠をキャンバスに見たてたものがあった。
確かに絵になる風景。

● オンバ・ファクトリー by オンバ・ファクトリー

この島の目玉の一つ。
この島の高齢者の方が日常使っている手押し車(=オンバ)をデコトラのように装飾したもの。
展示してあるモノ以外にも、実際に島の人が使っているデコレーションオンバが民家の庭先においてあったりする。

●F1型オンバ

黄色の装飾と言えば、アイルトン・セナが乗っていたキャメル・ホンダのカラーリングを思い出す。

●記憶のボトル by栗真由美

今回の男木島で良かったと思う作品の一つ。
梁がむきだしの納屋(?)に中に明かりがともった無数の小瓶をつり下げている。

●「記憶のボトル」の中身

単に瓶をつり下げているだけでは「キレイ」だけの作品になってしまうが、中身の一つ一つに色あせた写真やガラクタのような宝物が入っている。

●時の廊下 by 西堀隆史

骨組みだけの和傘を天井や壁につり下げ、モーターでゆっくりランダムに回転させている。
1Fはちゃぶ台のある居間に部屋一面にあり、2Fは広い和室の天井全体に掲げられていた。
ちょうど2F和室は人が少なく、畳の上で寝転んでまったりと和傘を眺めることが出来た。
  1. 2013/09/15(日) 22:16:47|
  2. 美術展|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.09.15(Sun)

2013夏 かがわアートと讃岐うどんの旅

今回も讃岐うどん店をはしごする。

まずは丸亀市にある「中村うどん」
丸亀市土器町東9-283

●「中村うどん」店内

店内に入るとすぐに大将が席に案内してくれる。
(というより「ここに座れ」という命令に近い・・・)
その大将にすぐに注文し、できあがるのを待つ間に中央の三角の内側にある天ぷらやおでんを取りに行く。

●しょうゆうどん(小:200円)
やや細目の麺で、つやつや柔らかめ、それでもしっかりとこしがある。
稲庭うどんのようでもありながら、この値段で出せるのはすごい!

次はすぐ近くにある「夢う」
丸亀市富士見町1-1-14

●「夢う」入口

新しくできた住宅街にあり、目印も何もないので店の前を通り過ぎてしまいそうになる。
カーナビがなければおそらくたどり着けなかった。

●「夢う」店内
新しいはずなのに、店構えも店内も街道沿いの一般店とさほど変わらない。

●しょうゆうどん(小:220円)
先の「中村うどん」とは違い、弾力があり、讃岐うどんの主流系か・・。
大きなたこ天がいい。

次は少し東に移動し、道沿いにある「よしや」へ。
丸亀市飯野町東二343-1

●「よしや」

ここは機械を一切使わず小麦粉からうどんを作る純手打ちうどんのお店。

●かけうどん(小:220円)

実はこの店を訪れるのは3度目。
最初は真冬に熱いうどんを食べたときに、感動するほど美味しく、その食感を求めて5月のGWに再訪した。
その時は冷たいうどんを注文したが、麺は堅くて粉っぽく、がっかりして店を出た。
連休中で大勢の客が一気に押しかけて、注文をさばききれず「すべて手作り」が逆に質を落としてしまったようだ。

今回は行列もなく、しかも暖かいうどんを注文したので、以前と変わらぬもちもちつやつやのうどんを食べることが出来た。

口がしょうゆ辛くなったので、次は甘いものを。
ジェラート「kaju×果樹」
さぬき市 石田東甲 832-1

香川県の東の方にあるが、TV「人生の楽園」で紹介された店なので行ってみることに。
香川県産の果実を使っているのが売り。

●ジェラート「kaju×果樹」

●「kaju×果樹」店内

元々は香川県庁で地域振興の仕事をされていたご主人と、教員をされていた奥さん二人で始めた店。

●豊島産イチゴミルク+ハッサク

濃厚なミルクに果物の果肉がたっぷりとはいっている。
讃岐うどん店の多い地域からはかなり離れた場所にあるが、わざわざ食べに行く価値はある。
  1. 2013/09/15(日) 20:38:48|
  2. 食べ物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.09.08(Sun)

2013夏かがわアートと讃岐うどんの旅

八月後半、香川に向かう。
それまでずっと猛暑の日々が続いていたのに、この日になって雨模様。
天気は悪いが、気温が下がって呼吸するのも楽になった。

まず向かったのは、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館。
→ http://www.mimoca.org/ja/

ちょうど美術館のエントランス空間で「まるかめ婆娑羅」というダンス大会をやっていて、普段は落ち着いた美術館周辺もこの日は賑わっていた。
幸運なことに、このお祭りのおかげで特別展も無料で入場することが出来た。
●「まるかめ婆娑羅」

ここでは特別展「大竹伸朗展」が開催されている。
大竹伸朗氏と言えば、香川県直島にある「Iラブ湯」が有名で(自分の見た中では)、銭湯の屋根の上に看板代わりに、一見拾ってきたようなモノを掲げている。

●時憶/美唄
北海道・美唄(びばい)のボーリング場に掲げられていた巨大なピンを切り取って展示している。
「さび」がむき出しになっていることが、ボウリング場と美唄の街の歩んできた道を想像させる。


●モンシェリー:自画像としてのスクラップ小屋

●スクラップ小屋の壁


スクラップ小屋の外壁にはおそらく大竹氏が見てきたであろう写真や記事が貼り付けられている。

翌日、高松市の香川県立ミュージアムで開催されている「丹下健三〜伝統と創造」

http://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/tenji/tokubetsuten/kaisai/index.html

氏の代表的建築の一つが香川県県庁庁舎で、その縁もあって今回の特別展の開催となったようだ。

●丹下健三展

丸亀と違って、ここでは展示物の写真撮影は一切禁止で、この写真しか撮れていない。

ただ、たまたま入場してすぐに解説ツアーがあると聞き、それに参加することに。

これがなかなかよくて、専門の学芸員さんに詳細な説明を受けることが出来た。
丹下氏の立場、思想などをその時々の時代背景をふまえて解説していただいた。
(約90分近くも!)

特に広島平和公園と香川県庁の設計思想について聞けたのが良かった。

  1. 2013/09/08(日) 17:55:12|
  2. 美術展|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.08.15(Thu)

2013夏の観察会ド雜棒

丹有地区の高校自然科学部合同の観察会。
参加したのは有馬高校、篠山産業丹南分校、篠山鳳鳴高校、伊丹北高校の4校、生徒約25名+顧問。

●自己紹介

●調査中?遊泳中?
今年はゲリラ豪雨が多く、例年のこの時期に比べて水位は高く水温は低かった。
対岸に渡るにも、下半身水没覚悟で行かなければならない。

●自然科学女子
さすがに自然科学部だけあって、草むらも水辺も平気で入ってゆく。

●投網練習
投網の達人の先生から投げ方を教えてもらう。

●説明
これも、魚に詳しい先生から説明を受ける。

今回は
〈魚〉ムギツク、カワムツ、ドンコ、ギギ、タナゴ類(2種)、メダカ、イトモロコ、カマツカ、カワヨシノボリ、オオクチバス、
〈甲殻類〉アメリカザリガニ、ミナミヌマエビ、
〈水生昆虫〉コオイムシ、シロタニガワカゲロウ、コオニヤンマ、サナエトンボ類、コシボソヤンマなど

●「サンキュー牧場」
午後から藍本在住の谷口さん宅にある「サンキュー牧場」におじゃまする。
最近こそ生き物の数は少なくなっているが、これまで引き取った動物の話をうかがうことが出来た。

●豪雨
この日も雲が黒くなってきたと思ったら急に降り出した。
今年はこの熱帯スコールのような雨が毎日のように続く。
  1. 2013/08/15(木) 22:45:18|
  2. 観察会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2013.08.12(Mon)

2013夏の観察会ず陽池

毎夏の恒例行事、昆陽池の魚類調査。
昆陽池にある鳥類の給餌場内を年に一度水を抜き、清掃する。
その時に取り残された生き物を救出し、調査を行う。

昨年の様子→http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-285.html

●参加者
参加したのは伊丹市内の中学校2校(南中学、荒巻中学)高校1校(伊丹北高)の生徒達。
伊丹市のみどり公園課の職員が概略説明をしてくれる。

ところが・・・
●調査風景
例年なら底が見えるくらい減水していて、「魚を拾う」ように捕獲していたのに、今年は水抜きが大幅に遅れ、タモ網だけでは魚が捕獲できない。

●調査風景
あまりにもつかまらないので、生徒はあきらめ気味・・・。

結局この日は
魚類:タモロコ多数、フナ類少数、シマヒレヨシノボリ少数、モツゴ1尾、メダカ1尾
甲殻類:ミナミヌマエビ多数
カメ類:ミシシッピアカミミガメ1尾

昨年に比べて種数も個体数も少なかった。

ミナミヌマエビが圧倒的に多かったのは、捕食するウキゴリやナマズがいなかったせいかもしれない。
  1. 2013/08/12(月) 23:40:40|
  2. 観察会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

zacco

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約