環境カウンセラーの日々

2008年、環境カウンセラー(環境省)資格を取得したのを機にブログを開設。 自然環境、旅、モノなどについての独り言。

2010.05.22(Sat)

瀬戸内海無料遊覧飛行

 大分に住む友人から「国東半島の干潟にカブトガニがいる」という情報を得て、出かけてみることにした。

干潟と言えば有明海、カブトガニと言えば岡山県笠岡市が有名で、国東半島に干潟があってカブトガニがいるとは初耳だった。

大阪空港から、JAC(日本エアコミューター)のプロペラ機に乗る。


●DHC−8−400(だったか・・)

実は、この便は「大分空港視界不良のため、引き返す可能性のある条件便」だった。
しかし、関西地方は好天だし、大分の友人に聞いてみても「雨は降っていないし、天気は悪くないよ」との返事。
ツアー客はキャンセルしてしまったので、機内はがらがらのまま飛び立った。


●昆陽池(伊丹市)

離陸直後に昆陽池(こやいけ)が見えてくる。
この池は奈良時代の高僧「行基」が建設を指揮したと言われており、現在は池の周辺が整備され、こやいけ公園として公開されている。
その池の中に人工島が日本列島の形をしていて、大阪空港離陸便から見えるようになっている。
今の人工島の住人はカワウとカラス。


●人工島 ポートアイランド(下)と神戸空港(上)

大阪空港から西へ向かう便と、神戸空港から離陸する便がほぼ同じコース上を飛ぶ。高度だけを変えて衝突を避けている状態。


●明石大橋と淡路島(上)

プロペラ機なので、比較的、低い高度で飛ぶ。
須磨水族園、明石天文館、明石城趾など少し大きな建物などは、上から確認できる。


●瀬戸大橋と香川県坂出市(向こう側)

この下をクルマで通過し、四国のうどん店を目指したのが、ちょうど20日前。
.http://taniyan.dtiblog.com/blog-entry-154.html


●不思議な風景
島の南側は濃い霧に包まれて、海面さえも見えない。
一方、北側はきれいに晴れ渡り、濃紺の海の底までも見えている。
島をはさんで北と南で海上の天候が極端に違っている。

しかも、この島の南に位置するのが大分県。
少しイヤな予感が・・

それでも、飛行機のシートベルト着用サインが点灯し、格納庫から車輪を出す音が聞こえ、飛行機は高度をどんどん下げていった。

そしてそのまま着陸・・っと思ったら、急に機首を上げ、空港ターミナルビルの上を通過してしまった。


●大分空港

その後、空港上空を旋回すること5回。
天候は晴れ、空港も、国東半島もよく見えるのに、着陸経路の海上部分だけに濃霧がかかっている。
なんと意地悪な「霧」。

雲なら、その中を突ききってもその下にも広い空間があるのだが、霧の場合はそのすぐ下は海か地面。
雲よりも霧の方がはるかに操縦技術が難しい。

ということで、結局、大阪まで引き返すことに。
乗客誰もが困っているに違いないが、それでも機内はいらだつ人もなく「まっ、しゃーないな」という雰囲気。
クルーの人たちがとても気を遣って、恐縮していた。
普段なら出てこないコーヒーやジュースを配ってくれた。


●大阪、大阪城

旅の最後に、夕景の大阪の街を見ることができた。

大分のカブトガニは、たいへん残念だったけど、航空運賃は全額返金され、2時間の「瀬戸内海無料遊覧飛行」を楽しむことができた。








  1. 2010/05/22(土) 21:48:57|
  2. 風景|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2010.05.14(Fri)

ギンヤンマの羽化

 武庫小学校のM先生から職場に電話がかかってきた。
「プールのビオトープでギンヤンマが羽化し始めました。是非見に来てください!」

以前、市内のため池で羽化の光景を見たことがあったが、その時以来、なかなか羽化の様子を目にすることが無かったので、早い目に仕事を切り上げ武庫小学校に向かった。



たまたま放課後に残っていた子供たちが幸運にも見ることができ、かなり熱心に見入っていたとか。
目前で飛び立つところも見ることができたそうだ。



自然のため池とはほど遠い環境だけれど、ほんのすこしプールに水草を植えておくだけでトンボがやってきて、新しい世代を継いでゆくことができる。
また、その姿を間近で子供たちが観察することができる。

まだまだ試行錯誤で未完成のビオトープであるが、それでも自然は子供たちに感動を与えてくれる。






  1. 2010/05/14(金) 22:40:06|
  2. 生きもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2010.05.14(Fri)

G.W.四国へ〜その?〜

 ツレアイの実家は香川県の南端にあるので、少しの移動で徳島県に越境できる。
そこで、今回は急遽、思いたって徳島県の剣山に出かけることにした。


●リフト

今回は装備もなく、計画もなく、ぶらっと出かけたので山頂手前までクルマで行き、そこからリフトに乗り、リフトから降りて歩くこと約40分で1955mの山頂に着いてしまうという「お手軽登山」にした。


●ダケカンバ林と森林限界

5月1日に山開きしたとかで、山頂付近はまだまだ「冬」の装いだ。
まぶしいくらいの深緑の下界とはかなり違う。
当然、植生も違っていて、四国でありながら森林限界を見ることができる。


●山頂(1955m)から西の森

大半の観光客(私も!)は山頂に登ったあとはそのまま同じコースを下るのだが、早起きしてくれば、もう少し足を伸ばして向こうの峰を目指せたかもしれない。


●シカの食害

ここにもシカが来ていた。
かなり広い四国山地には食べ物はたくさんあるはずなのに、こんな山頂付近までシカが登ってきているということは、数が増えすぎている証拠だろうか・・







  1. 2010/05/14(金) 22:03:24|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2010.05.08(Sat)

G.W.四国へ〜その?〜

二日目、午前中からすみわたった蒼空が広がっていたので、香川の里山をドライブする。
阪神間にすんでいると、街の北側が里山(田舎)になるのだけれど、香川ではその逆。
街の南側に山地があるので、何か違和感がある。

それでも濃尾平野や関東平野に放り出されて、山がどこにも見えない時ほどの不安感より、はるかにまし。

方角はどうあれ、視界のどこかに山があると安心する。


●里山
落葉広葉樹の新緑とスギ人工林の深緑がパッチ上にみえる。
青い空との組み合わせが絶妙。


●棚田
山に近い棚田では、田植えも始まっている。


●甘納豆の店
ツレアイがネットで見つけた甘納豆製造所兼販売店「村瀬食品」。
香川空港にほど近い里山の中に、ぽつねんとある。
しかも、開店しているのは5月上旬までとか。
(暑くなると砂糖が溶けだすらしい)


●甘納豆
他の甘納豆は口の中がざらついてしまい、一度にそう多く食べられないが、ここのは食べ出したら止まらなくなる。あらかじめ皿に盛っておいて、残りは袋に入れて封印しておく必要がある。


●「まほろ」の天ぷらざるうどん(900円)

そして、ドライブの締めはやはり「うどん」

900円という値段は、これまで食べた讃岐うどんでは最高級。

この店は「天ぷら」が自慢で、どちらかというと「うどん」は副食扱い。

大きなエビ天3つ、穴子丸ごと天1本、唐揚げ1つ、他にカボチャ、三つ葉などの野菜天が入っている。

夕方に食べたのに、翌朝までお腹が空かなかった。










  1. 2010/05/08(土) 23:07:31|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2010.05.07(Fri)

G.W.四国へ〜その?〜

香川県の面積は日本最小だが、その狭い地域に全国区の美術館がいくつもある。

●東山魁夷せとうち美術館
 http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/
●丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
 http://mimoca.org/
●イサムノグチ庭園美術館
 http://www.isamunoguchi.or.jp/
●地中美術館
 http://www.chichu.jp/

今回はそのうちの「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」に立ち寄った。


●建物正面

丸亀市は人口約11万人。
自分のすむ三田市と同じくらいの規模。
その町に現代美術館がある。

「現代美術」では大勢の人を集めるのは難しく、経営の厳しいハコモノ施設なのかもしれないが、それでも都市の若い世代が何人も観賞に来ていた。

これはこれで十分存在価値のある施設だと思う。


●館内
広く明るい館内で、静かに作品と向き合うことができる。


●館内
しかも、フラシュさえ点灯しなければ写真撮影も可。
これはアメリカの美術館などと同じ方針で、来館者を信用してくれているようで心地よい。


●展示作品

わずか1時間15分ほどの間にうどん店を3軒はしごしてきた後の美術館。
クールダウンできたひとときだった。

次に向かったのが「土器川生物公園」
土器(どき)川沿いに造られた人工的な水辺ビオトープだ。


どこにもありそうな人工的な水路。
底は泥っぽく、アオミドロが発生していた。

ところが、さらに奥に進むと・・

●河畔林
河畔林の中を水が流れていた。
開放的なビオトープ水路は珍しくないが、このような木々が茂った中に水路を造った所はそう多くない。
私も初めて見た。
水の中に魚影が見えたので、クルマに常備してあるタモ網を取ってこようかと思ったが、早じまいの次のうどん屋を目指すため、泣く泣く断念。


●土器川本流と讃岐富士
本流のわき水の溜まり。
かなり透明度が高い。

次来るときはゴーグルとシュノーケルを用意しておこう。






  1. 2010/05/07(金) 23:31:27|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2010.05.06(Thu)

G.W.四国へ〜その?〜

1日目、事故渋滞のせいで香川に到着したのが12:30。
それから午後半日で讃岐うどんのお店を4軒、丸亀現代美術館、土器川生物公園をはしごした。


●斉賀製麺所(丸亀市)
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=598

「製麺所」と名乗っているところは「14:00閉店」もしくは「なくなり次第終了」の店が多いので、あわてて駆け込む。

ここではカウンターで「ぬくいの」「つめたいの」と注文してから麵を受け取り、天ぷらなどを追加しながら最後に精算する。


●ぶっかけうどん小(230円)に温泉卵天&いりこ天

先の「うぶしな」とは正反対のコシの強い麵で、小でありながらお腹にしっかりと残る。


●白川うどん(丸亀市)
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=655

丸亀市民会館の1階にあるお店。
周りは官庁街で、丸亀市の公務員さん御用達の店のようだ。


●かけうどんひや小(250円)

何を勘違いしたか、冷たい麵に冷たいかけ汁を選んでしまった。
極太のソーメンを食べているような感覚だ。
しかし、気温が高くなり、あっさりとした出汁のおかげで食べやすかった。


●看板
店内にあった看板。
おそらく平日には外に出していると思う・・
モーニングがパン+コーヒーではなく、うどん+コーヒーとは・・

想像してみたら、悪くもないか・・



  1. 2010/05/06(木) 23:45:16|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2010.05.05(Wed)

G.W.四国へ 〜その1〜

渋滞や混雑がイヤなので、GW中は遠出しないことにしていた。

が・・今年のGWは「高速道路1000円」が最後になりそうなので、その禁をやぶって、ツレアイの実家のある四国・香川県へと出かけた。

早速、渋滞!

●姫路東トンネル付近で事故渋滞。

軽い追突事故だったので、通行止めにはならず、10km程度の渋滞ですんだ。


●瀬戸大橋
明石大橋ルートだと淡路島を通過するのに時間がかかるが、こちらだと本州から四国が非常に近い。

讃岐うどんの有名店ではすでに行列が・・

●おか泉(綾歌郡宇多津町)

今回の目的は、大混雑の「おか泉」から南に約100mにある「うぶしな」というお店。

●宇夫階(うぶしな)神社
その店はこの神社の境内にある。


●「うぶしな」
「おか泉」で8年間のアルバイト(修行ではなく!)をした神職のご主人が開いたお店。
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=538


●ぶっかけうどん小(300円)
コシの強い「おか泉」に比べて、もちもちとした弾力のある麵で自分の好みに合う。
「肉ごぼうぶっかけうどん(500円)」がおすすめとのことだが、後々のうどん店はしごに備えて「ぶっかけ小」にした。
これが、麵と出汁をシンプルに味わうことができたので、結果的に良かった。




  1. 2010/05/05(水) 23:15:58|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

zacco

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約